WebライティングはWebという特性上、Webサイトに特化した上手な書き方と、
物を売る時のセールスの方法での上手な書き方の2つの視点で上手になる必要があります。

この2つの視点で気をつけたい、実践していきたいことに関して書いていきます。

まずは、Webライティングの特性上の書き方のコツです。

正しいマークアップで書く

正しいマークアップは特に検索エンジンのクローラーにしっかりと拾ってもらえるようにするためです。
その為、SEOに役に立ちアクセスアップに繋がります。

Htmlタグで特に気をつけたいのは、<h1>~<h6>の見出しタグ、<ul><li>のリストタグを上手に使う、テキストタグでは<a>のアンカーリンクと<strong>タグが重要です。

<h1>の見出しタグはSEOに強いテンプレートを使うことで特に気にすることがないと考えれば、
文章を書くときに大切なのは、キーワードにしっかりと<strong>の強調タグを使うこと、もしくはアンカータグ<a>を
キーワードにしっかり貼ること
が重要です。

更にはwebライティングではリスト表示をすると非常に見やすいです。
そのリスト表示ではしっかり<ul>などのタグを使うようにしましょう。デザインはcssにまかせてしまいます。

「さらに重要なのはページのタイトル」

webライティングで最も大事とされる部分はタイトルです。
人にとっても魅力的なタイトルで、マシン(検索エンジン)にとってもアピールできるものでないといけません。

両面を最高に良くするのは大変ですが、以下の様なことを意識してタイトルを決めるといいでしょう。

確実にコンテンツの内容のキーワードを入れる
たまにページのタイトルにコンテンツが何かわからないようなものを見かけます。
特に日記サイトに多いです。「今日は失敗」とか「嬉しかったこと」など。
このようなタイトルでは、内容を見るまで何が書いているのかわかりません。
こういったタイトルを避けるためにも内容がわかるキーワードを入れるようにしましょう。

差別化出来るスモールワードも入れる

例えばTVの紹介をしたいとなった時、タイトルに入れるものとして「テレビ」をキーワードにしても
もっと細かく「液晶テレビ」「4Kテレビ」と書いたほうが、検索での競合が少なくなり上位表示されやすいです。
できるだけ自分のページで推したい部分を差別化出来るキーワード選定しましょう。

「大きなキーワード」 + 「差別化部分(地名・時期・色・型番)」でもいいと思います。



アフィリエイトは広告主の商品やサービスを、お客様に紹介する広告業です。
それではWEb上で商品の説明をして「買ってください」と書けばいいのでしょうか?

残念ながら、お客様は「買ってください」と言えばいうほど離れていきます。
そうではなく、お客様にとって魅力を感じ、心をつかむ文章の書き方が望まれます。
心をつかむ文章という意味で、以下の様な視点を考えて文章を作ってみるといいです。

・お買い得感を与える(特価、割引)
・相手の恐怖感を強調する(限界、お終い、~しないと○○)
・限定する(何日まで、限定100個など)
・品揃え、網羅性を強調する(すべて~、ここなら何でも)
・わかりやすさ、使いやすさ、楽さを強調する(簡単、短時間で)
・専門性や先進性を強調する(医者が教える、専門家に聞いてみた)
・親近感を与える(あなたの、主婦の、サラリーマンの)
・信頼感や安心感を与える(実績あり、評判、安心)
・役に立つことを期待させる(便利、~に役立つ)
・やる気を高揚、鼓舞させる(本気の、絶対、応援価格)
・秘密を暴露したように伝える(実は、本当は)

これらは、すべて心理的に心を掴むような視点での書き方です。
こういったことを意識して、普段の文章を書く時から文章校正をするようにしましょう。

また身の回りのものを売るための「キャッチコピー」を上記の視点作って練習するのもいい方法です。